偉そうに日常を語っておきながら、よく読むとくだらないことしか書いてない中学生の日記。


by tmsdog_sweetish

英語。

私の学校の英語の先生は、とにかくすごい。

東大卒で、柔道黒帯、野球バレーテニス卓球剣道とスポーツ全般をこなす。(サッカーは苦手らしい)
クレオが個人懇談で見事に「体育の先生かなにかだと思ってました。」と大ボケをかますくらい体格もいいし、実力もある。
そして頭脳明晰ときたもんだぁ。

英語っていうのは、日常会話が一番難しい。
外国人と話していたって、ほとんど文法にきっちり当てはまった言葉なんて出てきやしない。
こっちが教科書どおりの英語を使うと、かえって相手まで固くしてしまったり。
しかも、リスニングのCDみたいに、単語をひとつひとつはっきりなんて言ってくれない。単語なんてないんじゃないかと思うくらい、全て繋がって聞こえる。
それが、英語なんだと思う。

はっきり言って日本の英語の教科書は英語をなめてるんじゃないかと思ってしまう。
よっぽどの形式的な場面でしか使われない古い表現を一般市民に教えてどうするんだろう。
どうせ勉強しろと言うのなら、もうちょっと将来役に立つ英語を教えて欲しいもの。

もちろん、簡単な文法がわからないとなれば、それは問題。
ただ、もう少し日常的に使える英会話というものを指導してはくれないのか?


私の英語の先生も、あまり教科書を頼りにしない。
「こんな文法を使うアメリカ人は、ほとんど居ません」と授業中に断言してしまうほど。
そして、「こういう場合は…」と、外国のごく普通の家庭で使われる会話を教えてくれたり。


いい先生に巡り会えてよかったなぁ。





書き方、おかしいっ…!
ちょっと、調子が出ません。
[PR]
by tmsdog_sweetish | 2005-09-29 22:09 | 学校・塾